読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっちゃんの日記

 -見て、聴いて、楽しかったこと、嬉しかったことの覚え書きです

4月 国立能楽堂 普及公演|膏薬煉・野守

狂言

国立能楽堂 四月 普及公演(2017年4月8日)
・解説・能楽あんない|野守の鏡は何をうつす?-「野守」の説話的背景-田中貴子(約30分)
狂言大蔵流】|膏薬煉(約25分)※終了後、休憩20分
・能【観世流】|野守 白頭(約60分)

f:id:nkmk5:20170409110804j:plain

国立能楽堂の案内ちらしをお借りしました。
 白地青海波網桜花模様肩衣(江戸時代・十八~十九世紀・国立能楽堂蔵)

まず狂言は「膏薬煉」です。膏薬とは塗り薬のことで、鎌倉の膏薬煉と京都の膏薬煉が、お互いに自分のところの膏薬の方が効き目がすごいと競い合うお話です。
「うちの膏薬は馬を吸い寄せた!」、「いやいやうちは大きな石を吸い寄せた!」という逸話の披露から始まり、続いて「うちの膏薬の材料には、石のはらわたや木になる蛤を使っている!」、「いやいやうちは地を走る雷、雪の黒焼きを使っている!」とありもしない材料を自慢し合います。ここの材料は流派によって出てくるものが違うそうです。しかし雪の黒焼きて。
最後はお互いの薬を塗った紙を鼻に貼り付けて、「吸えー」、「吸われはせぬ」と吸い比べが始まり、ねじ寄せ、しゃくり寄せという技(?)も繰り出されます。所狭しと行ったり来たりの掛け合いが、理屈抜きにわかりやすく楽しめるお話でした。

続いてお能は「野守」です。舞台は奈良の春日野で、旅の途中の山伏が池の前で野守の老人と出会い、池の名前を尋ねます。老人は自分のような野守が朝夕と姿を映していることから野守の鏡と呼ばれているけれど、昔この野に住んでいた鬼神が昼は人の姿で野を守り、夜は鬼となって塚に住んでいて、その鬼神が持っている鏡こそが真の野守の鏡なのだと語ります。加えて、その昔、狩りをしていて鷹を見失った天皇が野守に出合い、鷹はそこにいますよと池の底に映った鷹を教えられ、見上げると木の上に留まる鷹を見つけたという逸話を語ります。興味を持った山伏は真の野守の鏡が見たいと言いますが、野守は塚の中に姿を消してしまいます。

このあとアイの男が現れて、野守の鏡の逸話を山伏に教え、その老人は鬼神なのではないかと話します。山伏がお経を唱えると、塚の中から真の「野守の鏡」を持った鬼神が姿を現します。鬼神は祈祷を続けてほしいと言い、力強い動きをもって、天界や地獄の様子を映し出した後、「すはや地獄に帰るぞとて、大地をかつぱと、踏み鳴らし、大地をかつぱと、踏み破つて、奈落の底にぞ、入りにける」と戻っていきます。

このお能は私も含めて初心者にはとてもわかりやすいと思いました。鏡をモチーフとした話の筋は明解で、前場後場は対照的で緩急があります。またアイの語りも前場の詞章をなぞるような内容で理解しやすく、全体を通して話が頭にすっと入ってきて、謡や動きに集中することができました。最後に鬼神がトンと軽く飛び上がって、そのままどかっと床に座ることで、奈落の底、地獄に戻っていくというシーンが印象に残りました。

冒頭の解説で、田中貴子さんによる、野守の鏡にまつわる和歌や書物の紹介や、奈良の春日野に関するお話がありました。物語の背景や伏線、また舞台となる土地について知ることで、鑑賞の理解が深まり、また目に心に浮かぶ光景に奥行きが出る感じがしました。久々に奈良に行ってみたいな~。

<メモ>
国立能楽堂の収蔵資料展が開催中で、前期(4月8日~30日)は狂言資料展でした。上記のちらしのモチーフとなっている「白地青海波網桜花模様肩衣」も見ることができて嬉しかったです。実物を見ると目の粗い布地なのですが、ちらしに展開するときは、適切な加工が施されていることにも改めて気づきました。どこまで加工して、どこを切り取るかということは、毎号工夫されてるんやろな~。後期(5月2日~25日)は能面・能装束展とのことでこちらも楽しみです。

<公式サイトへのリンク>
2017年4月普及公演 膏薬煉・野守

 

3月 文楽 京都公演|近頃河原の達引

文楽

文楽 平成29年3月 京都公演  
 京都府立文化芸術会館(2017年3月18日・プログラムB)

・解説(あらすじを中心に)
・近頃河原の達引|四条河原の段、堀川猿廻しの段

f:id:nkmk5:20170323232218j:plain
文楽協会の案内ちらしをお借りしました。

今年も京都の文楽地方公演に行ってきました。演目はプログラムBの「近頃河原の達引」です。(プログラムAは妹背山婦女庭訓でした)
物語の最後、生きるとも死ぬともわからない旅路につく伝兵衛とおしゅん。そんな二人を見送るおしゅんの母と兄・与次郎。与次郎は猿廻しで二人の門出を祝います。この場面は三味線にツレが加わり掛け合いで演奏され、ぐぐっと惹きこまれる聴かせどころです。音の運びも大きくて、「さんな、まぁた、あ~ろか~いな」とリズムも軽快なのですが、お猿の動きが愛らしければ愛らしいほど、与次郎の謡いが軽妙であればあるほど、二人の行く末が案じられ、いじらしく、やるせなく、せつなく、しんみりとした気持ちになります。こういう感情はなんて表現するのがええんかな?泣きたくなるというより、胸がきゅっとなる感じ。文楽ではこういう気持ちになることが多いのですが、三業だからこそ創り出せる魅力の一つなんかなと感じます。

<メモ>
今回も字幕表示機(縦書き)が下手に設置されていました。太夫さんと三味線弾きさんがいはる床は、上手に少し張り出すような形で設けられていて、文楽廻しはなく、手動でスルスルと御簾を上げ下げされていました。地方公演は会場によっていろいろと工夫してはるんやろな~。

また会場では来年の公演案内パンフレットが早々と配られていました。京都公演は2018年3月22日~24日の3日間(時間は未定)、演目は桂川連理柵と曽根崎心中だそうですよ。

この時期の京都は、梅は散りはじめ、桜はもう少し先ということが多いのですが、たけのこ、こごみ、うど、えんどう豆など、春の訪れを感じさせてくれる食がたくさん味わえるのも楽しみの1つです。また来年も行けるように頑張るぞ!

3月 国立能楽堂 普及公演|濯ぎ川・昭君

狂言

国立能楽堂 三月 普及公演(2017年3月11日)
・解説・能楽あんない|鏡の虚実―能「昭君」の機巧(からくり)大谷節子(約30分)
狂言大蔵流】|濯ぎ川(約30分)※終了後、休憩20分
・能【観世流】|昭君(約70分)

f:id:nkmk5:20170315235042j:plain
国立能楽堂の案内ちらしをお借りしました。
 茶納戸段毘沙門亀甲繋獅子丸模様厚板(江戸時代・十八世紀・国立能楽堂蔵)

 「濯ぎ川」はフランスのファルス(笑劇)を元にして作られ、昭和28年に初演された新しい狂言です。入り婿の男が、嫁と姑にあれやこれやと用事を言いつけられて我慢も限界になり、「紙に書いた仕事以外はしない!」という約束を取り付けます。川に流されそうになった嫁を助けてやってほしいと頼む姑に対して「そんなこと書いてないからやらない~」と、日頃の鬱憤をいま晴らそうぞとばかりに言い張りますが、最後は嫁に責められ、姑に紙を破かれて、やりこめられてしまうというお話です。最後の姑(今回は茂山あきらさん)の動きが可笑しくて「やっぱりうまくいきませんでした。おしまい!」と語っているようでした。

続いてお能は「昭君」です。舞台の正面に柳の木が置かれ、そこに鏡が立てかけられます。白桃、王母の老夫婦が鏡を見る、その娘である昭君、更に昭君の夫である呼韓邪單于が鏡の中に現れるという状況を、鏡を囲むようにシテ2人とツレ2人が演じる構成が面白いなと思いました。流れるような最後の詞章もリズムが心地良く印象に残りました。
「ただ昭君の黛は、ただ昭君の黛は、柳の色に異ならず、罪を顕す浄玻璃は、それも隠れはよもあらじ、花かと見えて曇る日は、上の空なる物思ひ、影もほのかに三日月の、曇らぬ人の心こそ、誠を映す鏡なれ、誠を映す鏡なれ」

<公式サイトへのリンク>
2017年3月普及公演 濯ぎ川・昭君

2月 国立劇場 文楽公演|平家女護島

文楽

国立劇場 第一九八回文楽公演 平成二十九年二月より(2月4日~20日)

近松名作集
<第一部>
近松門左衛門=作
 平家女護島
 六波羅の段〈約35分〉※終了後、休憩30分
 鬼界が島の段〈約1時間5分〉※終了後、休憩10分
 舟路の道行より敷名の浦の段〈約34分〉

f:id:nkmk5:20170305200810j:plain f:id:nkmk5:20170305200817j:plain

国立劇場の案内ちらしをお借りしました
 左「平家女護島」俊寛僧都、右「冥途の飛脚」梅川(いずれも撮影:青木信二)

 

2月の文楽国立劇場開場50周年記念の公演で「近松名作集」と銘打たれ、第一部が平家女護島、第二部が曾根崎心中、第三部が冥途の飛脚という演目でした。今回は、このうち、第一部の平家女護島に行ってきました。2017年最初の文楽です。嬉しい!

六波羅の段>平清盛が栄華を極めていた頃、平家を滅亡させようとした鹿ケ谷の陰謀の罪で、俊寛僧都、平判官康頼、丹波少将成経が鬼界が島に流されます。清盛の屋敷である六波羅に残された俊寛の妻あづまやは、清盛から誘われますが、夫に操を立てて誘いを断り自害します。それを知った俊寛に仕える有王丸が六波羅に討ち入りますが、能登守教経に、ここで命を落とすのではなく、主人の俊寛のことを考えろと言われ立ち去ります。

<鬼界が島の段>鬼界が島での俊寛の様相は3年にも及ぶ孤島での厳しい暮らしぶりをうかがわせますが、再会した康頼から、成経が千鳥という漁師の娘と恋仲になったことを告げられ、皆でささやかな祝言をあげます。

そこへ使者の瀬尾太郎兼康と丹左衛門基康を乗せた都からの赦免船が着き、康頼と成経は赦免、俊寛は能登守教経の計らいで備前の国まで戻れることになったと告げます。しかし成経と夫婦になった千鳥が一緒に船に乗ることを瀬尾に拒まれます。千鳥の「武士は、もののあはれ知るというは偽りよ、虚言よ。鬼界が島に鬼はなく、鬼は都にありけるぞや」から続くクドキがいじらしくて泣きそうになります。千鳥ちゃんの言う通りや。

さらに瀬尾はあづまやが自害したことを明かし、それを聞いた俊寛は落胆して、自分は島に残るので千鳥を乗せてやってほしいと頼みます。瀬尾はそれも拒んだため、俊寛は瀬尾を切り殺して、丹左衛門に千鳥を船に乗せるように頼みます。そして康頼、成経、千鳥を乗せた船は鬼界が島を離れ、俊寛はつまづき、転びながら、岸壁にかけ登って遠ざかる船をいつまでも見送ります。

<舟路の道行より敷名の浦の段>その後、船は敷名の浦に到着、そこで有王丸が待っていましたが、俊寛が乗っていないことがわかり、落胆して自害しようとしたところを千鳥に止められます。そして、清盛と後白河法皇が乗る御座船が敷名の浦に立ち寄ることがわかり、丹左衛門は怪しまれないように千鳥を船から降ろして有王丸に預けます。

法皇が源氏に加担することを恐れた清盛は、法皇を海に投げ込みますが、千鳥が法皇を助けて有王丸に託します。これに怒った清盛は千鳥を殺しますが、千鳥の怨念が清盛の頭に取り付いて清盛は都に逃げ帰ります。

つらい、つらいお話です。心がキューッと苦しくなる場面もありました。
一人島に残ることを決めた俊寛。あづまやはもうこの世にいない。
「アアこれ、我この島に留まれば、五穀に離れし餓鬼道に、今現在の修羅道、硫黄の燃ゆるは地獄道三悪道をこの世で果たし、後生を助けてくれぬか。俊寛が乗るは弘誓の船、浮世の船には望みなし。サア乗ってくれ、早や乗れ」

鬼界が島から船が出発するときに、千鳥が船から精一杯身を乗り出して、一生懸命に俊寛に手を振るのですが、もうそのしぐさが、いじらしくて、せつなくてぐっときました。(鬼界の島の段の千鳥は蓑助さんでした)
「名残惜しや、さらばや」「互いに未来で未来で」

<メモ>
私が行った日は、国立劇場の前庭の梅が咲き始めていた頃で、紅と白のかわいらしい花を楽しむことができました。全部で6種類の梅が植えられているそうです。すぐそこまで春が近づいてきましたね~。

<公式サイトへのリンク>
国立劇場 2017年2月文楽公演

2月 国立能楽堂 企画公演|謡講・八島

国立能楽堂 二月 企画公演(2017年2月18日)
・おはなし|庶民のたのしみ-謡講(うたいこう)- 井上裕久
・独吟(京観世の節・二段下ゲで謡う)盛久 サシ・クセ
・独吟 五目謡
・謡講形式の素謡|熊野(ゆや) (以上、約45分)※終了後、休憩20分
・能【喜多流】|八島 弓流 奈須与市語(約105分)

f:id:nkmk5:20170226111011j:plain
国立能楽堂の案内ちらしをお借りしました。
 上村松園「焔」(大正七年・東京国立博物館蔵)

 

2月のちらしはいつもと趣が違い、月間特集「近代日本画と能」というテーマにちなみ、お能の「葵上」がモチーフとなった絵画が取り上げられています。「源氏物語」の光源氏の正妻である葵の上に取り憑いた六条御息所の生霊が描かれているのですが、着物が白地に藤と蜘蛛の巣の柄で、それがまた怖さと凄みを増幅させています。

さて今回はこの「葵上」がかかる普及公演ではなく、企画公演に行ってきました。
前半は謡講(うたいこう)のおはなしから始まりました。謡講は能を謡だけで表現する素謡(すうたい)を楽しむ会として、江戸時代以降の特に京都で盛んに行われていたそうです。能舞台ではなくお座敷のような場所で、謡い手が聴衆から見えないように仕切り、聴衆は聴くことに集中して物語の情景を思い浮かべます。また「京観世」と呼ばれる独特の謡い方にも特徴があります。この謡講の再現に取り組まれている井上裕久さん(シテ方観世流)がとても楽しく解説をしてくださり、その後に実際に、京観世の謡い方での「盛久」、しりとり形式でどんどん違う曲につないでいく「五目謡」(かなり高度な技!)、そして謡講形式の素謡「熊野」と続きました。
また「今日は謡講やっとるよ~」という目印に軒先に提灯がかかること(国立能楽堂のロビーにもかかっていました)、参加する人はお酒を持っていき、それを出樽(しゅったる)と呼んでいたこと、謡い終わって今のは良かったと感じたら小さな声で「よっ」と言うことなど、周辺のお話もとても興味深かったです。謡が生活の中にあり、身近な存在やったんやな~。京都で開催されているそうなので、いちど行ってみたいです。

後半はお能の「八島」です。弓流、奈須与市語の小書付きで、間狂言三宅右近さんが迫真の語りと動きでした。その後、後シテの義経の亡霊が現れ、源平の激しい戦いのさまを語ります。戦いには勝ったとはいえ、失ったものも大きく、どこかはかなくて憂いを感じさせるお話でした。
今回は「蝋燭の灯りによる」ということで、客席は手元資料が読めないほど真っ暗になり、座席の字幕表示もありません。詞章を暗記できているわけではなく、聞き分けられない言葉もたくさんありました。ただ、詞章を目で追わず、耳だけでぐっと集中して聴くことで、リズムや抑揚のある音として言葉がすっと入ってくるので、いつもより深く鋭く感じられるように思いました。まだ初心者の私には難しいところもありましたが、新しい気づきがあり、いま体験できて良かったかなと思います。何事も行ってみよう、やってみよう!(でも予習は大事!)

<公式サイトへのリンク>
2017年2月企画公演  蝋燭の灯りによる|謡講・八島

 

 

1月 国立能楽堂 普及公演|寝音曲・巻絹

狂言

国立能楽堂 一月 普及公演(2017年1月14日)
・解説・能楽あんない|和歌の徳と神がかりの巫女 梅内美華子(約30分)
狂言和泉流】|寝音曲(約25分)※終了後、休憩20分
・能【金剛流】|巻絹(約75分)

f:id:nkmk5:20170122095332j:plain
国立能楽堂の案内ちらしをお借りしました。
 白地七宝繋唐松檜扇模様唐織(江戸時代・十八~十九世紀・国立能楽堂蔵)

 

体調も復活して、2017年最初の観劇です。ありがたい!嬉しい!

狂言の「寝音曲」は、太郎冠者が謡が上手なことを知った主人が、太郎冠者に謡わせようとするのですが、気が進まない太郎冠者は、酒が飲めないと謡えない、嫁の膝枕で寝ていないと謡えないと、なんとかかわそうとします。結局、酒も膝枕(主人のですが)も用意されてしまい、仕方なく寝ながら謡うのですが、主人は「本当は座っていても、立っていても謡えるんじゃないの?」とあれやこれやと促します。起こされるとわざと声をかすれさせて、しのぐのですが、何度も繰り返すうちに、うっかり間違えたのか、意外に興に乗ってきたのか、立ち上がって、しかも舞いながら見事に謡い上げ、「ほれ、やっぱり謡えるやん!」
どうやってこんな話を思いつくんやろか。楽しく初笑いできました!

続いて「巻絹」の舞台は冬梅が咲く頃の熊野三山です。天皇の命を受けた臣下の指示で、都から熊野大社へ奉納する巻絹を運ぶ男が、途中で音無天神に立ち寄り、心の中で和歌を詠み捧げます。そのことで熊野大社への到着が遅れたため、臣下に縄で縛られてしまうのですが、そこへ音無天神が憑依した巫女が現れて、男の徳を語り、縄を解くように言います。
男が和歌を詠んだ証拠を示すために、まず男が上の句「音無にかつ咲き初むる梅の花」と詠み、巫女が下の句「匂はざりせば誰か知るべき」と続けたところ、臣下は男の縄を解き、巫女に祝詞をあげるように告げます。巫女は神楽を舞い上げ、やがて憑依した音無天神は去っていくというお話です。
終盤の神楽は高揚感があり心地良くなりました。静の心地良さというよりは、動の心地良さといった感じでしょうか。もう少し長く続いたら、客席から一緒に舞う人が出てくるのではなかろうかと思いました。

<メモ>
国立能楽堂の1月のちらしは、「白地七宝繋唐松檜扇模様唐織」がモチーフとなっています。さまざまな色の唐松が重ねられているのですが、その色の組合せ方がとても好きです。(特に薄い色の重ね方が可憐です)ちらしに掲載された唐織の企画展をしてほしいなー。

<公式サイトへのリンク>
2017年1月普及公演 寝音曲・巻絹

12月はお休みでした

少し前から体調を崩し、現在ゆっくり回復中です。
12月に行きたいと思っていた公演の備忘録を書いておこうと思います。
大事なく過ごせる日常をしみじみとありがたく思う毎日です。ごはんも美味しい!
来年も無理はせず、でも小気味よく行動したいと思います!

 

国立能楽堂 十二月 普及公演(2016年12月10日)
・解説・能楽あんない|乱世の能作者・観世信光 松岡心平
狂言大蔵流】|縄綯(なわない)
・能【観世流】|胡蝶

f:id:nkmk5:20161214232728j:plain

国立能楽堂の案内ちらしをお借りしました。
 「紅地花入蜀江模様厚板」より

<公式サイトへのリンク>
国立能楽堂 2016年 12月普及公演 縄綯・胡蝶

 

国立劇場開場50周年記念 12月文楽公演(12月3日~19日)

通し狂言 仮名手本忠臣蔵

f:id:nkmk5:20161214232736j:plain f:id:nkmk5:20161214232744j:plain

国立劇場の案内ちらしをお借りしました
 左「仮名手本忠臣蔵」大星由良助
 右「仮名手本忠臣蔵」三段目 殿中刃傷の段(いずれも撮影:青木信二)

<公式サイトへのリンク>
12月文楽公演『通し狂言 仮名手本忠臣蔵』